True View広告とは

True View広告とは

このページでは、True View広告について説明しています。 

True View広告とは

True View 広告とはTrue View 動画広告とも呼ばれます。

True View 広告は、視聴者が選択できる広告として広まりつつある、新しい広告のタイプです。
True View広告はYouTubeやGoogleディスプレイネットワークで使われています。

ユーザーが動画を見ようとすると、冒頭に広告が再生されます。
数秒経つと広告はスキップできるようになりますが、数秒間で続きが気になる、という気持ちにさせる広告もあり、最後まで見てしまう人も少なくありません。

また、スキップされた場合でもバナー広告が動画の下に表示されます。
もちろんこのバナーも、ユーザーが動画閲覧に邪魔だと感じたら閉じられるようになっています。

ユーザーが広告を最後まで視聴することをユーザーが選ぶと広告料が発生します。
ユーザーが広告が流れている最中に画面をクリックすると企業のサイトに行くことができます。

True View 広告は、ユーザーの関心とも関連しています。
ユーザーの関心の高い広告を多く表示して、そうでない広告の表示は減らされます。
このシステムによってユーザーは関心のない広告にストレスを感じることがなく、企業も関心を持ってくれるユーザーに集中して宣伝することができます。

True View 広告の種類

True View 広告には4つの種類があります。

True View インストリーム広告

はじめに、YouTube 動画で表示されるTrue View 広告です。
5秒の映像のあと、広告を見続けるか選べます。
ユーザーが「見続ける」を選択すると広告料が発生します。

True View インサーチ広告

ユーザーの関心に基づいておすすめ動画や検索結果の上に表示されます。
表示された広告に興味を持ったユーザーがクリックすると映像が流れます。
こちらはクリック後に再生されますが、広告料がかかるのはユーザーが続きを見ることを選択した場合のみです。

True View インスレート広告

こちらは、YouTubeで10分以上の動画にのみ表示されます。
動画を再生する前にユーザーは3つの企業のCMを見るか、動画の合間に通常のCMを見るかのどちらかを選びます。
こちらも広告料はユーザーが続きを見ることを選択した場合のみです。

True View インディスプレイ広告

Google のウェブページで、広告に関連するページならどこにでも表示されます。
広告料はユーザーが続きを見ることを選択した場合のみです。

 

それぞれのTrue View 広告の違いに応じて、適したタイプを選んで利用を検討してみてはいかがでしょうか。

用語集カテゴリの最新記事