アトリビューションとは?

アトリビューションとは?

アトリビューションについて説明します。

アトリビューションとは

広告・マーケティングに関して使われる場合は主に、直接成果につながった流入経路・広告だけではなく、成果に至るまでのすべての接触履歴を解析し、成果への貢献度を測る取り組みのことを指します。バスケットボールで例えてみると分かりやすくなります。


Aが相手からボールを奪って、Bにパスを出す

Bはドリブルで2人抜きしてCにパスを出す

Cはシュートを決めた


この場合Cがシュートを決めましたが、このシュートにたどり着くためにA、Bも間接的にこの得点に寄与したという考え方ができます。

アトリビューションという概念が注目されている理由

アドテクノロジーの進化により、企業と消費者のタッチポイントが飛躍的に拡大・多様化する中で、ラストクリックだけを評価するのではなく、それぞれのタッチポイントがどのように消費者に作用したのかを把握することが重要であるという認識が高まってきました。
そうした状況で、ネット広告やメルマガ、ブログ記事、SNSなどのソーシャルメディアのコンテンツや施策が、コンバージョンにどの程度貢献しているかを測定する手法として、「アトリビューション」が注目されるようになりました。

アトリビューションを使い最適化を図るにあたって

日本では取り組みを総称して便宜的に「アトリビューション」と呼ばれることが多いですが、本来は目的に応じて、以下のように異なる用語が使われます。

■アトリビューション分析(Attribution Analysis)
コンバージョンに至るまでの流入元の履歴のデータを使い、コンバージョンへの貢献度を分析・評価すること

■アトリビューション・モデリング(Attribution Modeling)
ビジネスモデル、業種、キャンペーン内容を考慮して、貢献度を的確に重み付けした「分析モデル」を設計すること

■アトリビューション・マネジメント(Attribution Management)
貢献度に応じて予算配分の変更や施策の「組み替え」を行うこと

このように、分析だけに留まらず、認知獲得から購買・利用に至るまでの消費者接点全てにおいての取り組みを評価し、広告・マーケティング施策全体の最適化を図るところまでが「アトリビューション」ということです。

参照元:

用語集カテゴリの最新記事