クリック率(CTR)とは

クリック率(CTR)とは

このページでは「クリック率」について解説しています。

クリックとは

ウェブ業界で大切なのはクリック。

ウェブ業界ではクリックがとても大切です。
なぜクリックが大切なのでしょうか? 答えは簡単です。
ウェブ上でのユーザーの行動は、だいたいが「クリック」だからです。 

ユーザーの行動はだいたいクリックで計測できる。

現実世界であれば、人は色々な情報を得ながら、歩いたり、バスに乗ったり、食事をしたり、物を買ったり、話したり、笑ったりしますよね。
ウェブ上でも、人は同じように情報を見ながら行動をしますが、この場合の行動は概ね「クリック」なんですね。

ウェブサイトの移動も、商品の購入も、問い合わせの送信も、音楽をダウンロードするのも、Facebookでいいね!を押すのも、ソーシャルゲームでバトルを申し込むのも、ペットに餌をやるのも、ほぼ全て、何らかのボタンやリンクをクリックすることで行うことが出来ます。
そのため、ウェブの世界では、クリックされたかどうかを調べることによって、人の行動を把握することが出来るのです。 

クリック率

ユーザーにとってほしい行動(クリック)を計測しよう

ウェブ上では、たくさんのユーザーが情報を見ます。(これをインプレッションと呼びます。) そして、その中から一部の人が、自分のとってほしい行動(クリック)をとってくれるわけですね。
ですから、この数値を計測していれば、情報を見た人のうち、どのくらいの人が、実際にその行動を取ってくれたのかを測ることが出来ます。
これが「クリック率」です。 

ウェブの世界は「インプレッション数×クリック率=クリック」で出来ている。

では、クリック率はどのくらい重要なのでしょうか? 

たとえば、あなたがバナー広告を出していたとします。
バナー広告を見た人には、当然広告をクリックして自分のウェブサイトに訪問して欲しいはずです。
ですから、バナー広告を見た人のうち、クリックしてウェブサイトを訪問してくれるユーザーは多ければ多いほどいいでしょう。
ここで、クリック率を測定していれば、2種類のバナー広告をランダムに出し分けて、よりクリック率が良い方に統一する(A/Bテスト)などの施策を打つことが出来ます。
バナー広告の良し悪しは、社長の感性でも、自分のこだわりでも、権威ある画家の評価でもなく、クリック率で決まるということです。 

100,000回バナー広告を表示して、クリック数が20,000回のとき、(つまり、クリック率が2%のとき)、そこから40,000人にクリックして欲しい場合は、  下記のどちらかの施策を行います。

  • インプレッションを増やす(2000回バナー広告を表示する)
  • クリック率をあげる(4%の人にクリックしてもらう)

この場合であれば、クリック率が2%~4%に変わるだけで、呼べる人数が20,000人も変わってしまうんですね! 

クリック率の重要性はご理解いただけましたでしょうか?

用語集カテゴリの最新記事