ソーシャルマーケティングとは?

ソーシャルマーケティングとは?

ソーシャルマーケティングについて説明します。

ソーシャルマーケティングとは

ソーシャルマーケティングとは、営利事業組織である企業の利益追求中心のマーケティング(マネジリアル・マーケティング)に対して、社会との関わりを重視するマーケティングの考え方のことです。
顧客のニーズに合った製品やサービスを買ってもらうためのマーケティングでなく、社会が求めている考え方、理念、行動指針への認知と理解を上げ、社会に浸透させるためのマーケティングともいうことができます。

ソーシャルマーケティングの例

日本では、JTの喫煙マナー広告や、AC公共広告機構の広告キャンペーンなどがソーシャルマーケティング良い例です。

JTの喫煙マナー広告

ソーシャルマーケティング1

 

ソーシャルマーケティング2

 

ソーシャルマーケティング3

JTは「吸う人も吸わない人もここちよい世の中へ。」という呼びかけを行っており、このようなマナーのグラフィック広告やテレビCMなども積極的に活用していますね。

AC公共広告機構の広告
・自身の暮らす街に興味を持ったり、自身の役割を考えるきっかけを作ったりすることを目指して作られた広告です。

・こちらの広告CMは思いやり・助け合いをテーマにしたものです。

ソーシャルマーケティングのその他の例として、日産自動車が手掛けたウェブ動画などがあります。これについて詳しく説明しているサイトがあったので、そちらも見てみると面白いかもしれません。
日産自動車のウェブ動画はなぜ”泣ける”? ソーシャルマーケティングの側面から考える

 

参照元:

用語集カテゴリの最新記事