【2021年1月更新】広告タイプ別文字数まとめ【Google広告・Yahoo!】

【2021年1月更新】広告タイプ別文字数まとめ【Google広告・Yahoo!】

Google広告やYahoo!広告は広告のタイプや文字数などが日々アップデートされるため、いざ広告を配信しようとしたときに

・この広告は何文字だっけ?

・Google広告とYahoo!広告で文字数同じだっけ?

・文字数って半角?全角?

等、広告運用者の方でも設定時に迷うことも多いと思うので、本記事では各媒体で主に使用されている広告タイプごとに文字数をまとめ日々更新していきます。

 

Google広告

 

・拡張テキスト広告

広告見出しを3つ、説明文を2つを設定し配信する方式です。

以前はタイトル1,2と説明文という構成でしたが、現在では広告見出し3と説明文2が追加され、より多くの情報を表示することが可能になりました。

 

項目名文字数(半角)
広告見出し 130
広告見出し 230
広告見出し 3 30
説明文 190
説明文 2 90
パス115
パス215

※広告見出し3と説明文2は表示されないこともあるため、訴求したい内容を見出し1,2、説明文1に記載をおすすめします

 

・レスポンシブ検索広告

Google広告独自の広告タイプで広告見出しを最大15個、説明文を最大4個設定Google 広告によってさまざまな組み合わせが自動的にテストされ、掲載結果が最も高い組み合わせが多く配信されるようになります。

 

項目名文字数(半角)
広告見出し 1~1530
説明文 1~430

※様々な組み合わせで広告分が表示されるため、広告見出し1に表示されないと文章としておかしくなるような広告見出しがある場合は、広告見出しの位置を設定してください。

 

・拡張動的検索広告(DSA)

広告見出し部分についてはLPのタイトルなどを自動で読み取り検索クエリに合わせたテキストが表示されるため、設定できるのは説明文1.2のみです。

 

項目名文字数(半角)
説明文 190
説明文 290

 

・レスポンシブディスプレイ広告

レスポンシブ検索広告同様、Google 広告によってさまざまな組み合わせが自動的にテストされ、掲載結果が最も高い組み合わせが多く配信されるようになります。

組み合わせのパターンにはテキストのほかに、ロゴやバナー、画像も複数設定した場合は組み合わせの対象となります。

 

項目名文字数(半角)
広告見出し1~530
長い広告見出し※1つのみ90
説明文1~545
会社名30

 

Yahoo!広告

 

・拡張テキスト広告

設定できる項目はGoogle広告と変わりませんが、Yahoo!広告では説明文の文字数が半角80文字のため、Google広告と同じ文言で配信したい場合は注意が必要です。

 

項目名文字数(半角)
広告見出し 130
広告見出し 230
広告見出し 3 30
説明文 180
説明文 2 80
ディレクトリ115
ディレクトリ215

 

・拡張動的検索広告(DSA)

こちらもGoogle広告とは違い、Yahoo!広告で設定できるのは説明文1つのみです。

 

項目名文字数(半角)
説明文 80

Yahoo!広告 ディスプレイ広告(YDA)

 

YDAではGoogle広告やYahoo広告と違い、文字数は半角カウントではなく、全角でカウントされるようになっています。

 

・テキスト広告

項目名文字数(全角・半角問わず)
タイトル15
説明文 119
説明文 2 19

・インフィード広告/レスポンシブ広告

Google広告のレスポンシブディスプレイ広告と同様にバナーや動画とテキストが表示される形で、タイトルと説明文を1つずつ設定し、配信。

 

項目名文字数(全角・半角問わず)
タイトル20
説明文90

 

まとめ

本記事ではGoogle広告・Yahoo!広告・ディスプレイ広告(運用型)(YDA)の中でも特に使用する頻度が高い広告タイプをメインに文字数をまとめました。

直近で様々なアップデートがあり、これから広告運用を始める方だけでなく、広告を既に運用されている方もとっさに文字数が出てこないこともあると思います。

今後もアップデートに合わせて文字数に関して定期的に更新を行っていきます。

リスティング広告カテゴリの最新記事