【SEO対策とは?】上位表示のために実践すべき方法はコレ!

【SEO対策とは?】上位表示のために実践すべき方法はコレ!

近年、誰もが一度は耳にするようになった「SEO対策」ですが、具体的にどのようなものかを説明できる人は、まだ少ないのではないでしょうか。

一言でいうと「SEO対策」とは、Webサイトを上位表示させるための施策を指します。サイトが上位掲載されれば、それだけ流入ユーザーが多くなる、つまり購入や問い合わせなどの売上につながるアクションを起こしてくれる数も増えることになります。

SEO対策は、「利益に直結する対策」と考えることもできるため、今やSEO対策を熟知している人は、どの業界においても必要不可欠な存在であるといえるでしょう。

本記事では、基本的なSEO対策を解説していきます。

 

SEO対策について

ここでは、SEO対策の基本についてご紹介していきます。

 

そもそもSEOとは?

SEO対策(Search Engine Optimization))とは、検索エンジン上で自社サイトを上位掲載するための施策全般を指します。

冒頭でもお伝えした通り、検索結果で上位に表示されることは、それだけアクセス数が増えることを意味し、利益につながるチャンスを獲得できるということでもあります。

そのため、上位表示させることはとても重要なことであり、SEO対策をきちんと実施することが、今後のビジネスにおいての業績アップには欠かせない対策の一つといえるでしょう。

 

SEOを実施すべき理由

SEO対策が、企業サイトにとって最重要項目のひとつであることは間違いありません。ただし、実際にSEO対策を実施するにあたって、SEO対策が求められる根拠をしっかりと整理し、関係者全員が共通してその必要性を認識しておくことも重要です。

現在では、インターネットユーザーの大多数が、知りたい情報を探す際に「Google」などの検索エンジンを利用しています。つまり、SEO対策を実施することは、検索エンジンを使用する、すべてのインターネットユーザーに「自社の商品やサービス」をPRできる機会を増やすことを意味しているのです。

また、SEO対策が欠かせない大きな理由に、他の広告手段と比較した場合の、コストパフォーマンスの高さがあげられます。

たとえば、Googleの検索結果は、大きく分けて自然検索(オーガニック検索)枠と広告枠の2つで形成されています。広告枠として代表的なリスティング広告(検索連動型広告)であれば、ユーザーの検索キーワードに沿った広告が表示されます。

リスティング広告を活用することも効果的ですが、全ての検索ユーザーが広告を必ずクリックするというわけではありません。また、広告に対して嫌悪感を感じるユーザーも中にはいるはずです。そこで、SEO対策とリスティング広告を並行して実施すれば、より多くのユーザーに対して訴求ができるようになるのです。

リスティング広告の場合は、クリックごとに広告費が発生します。運用がうまくできていないと、広告クリック数と商品購入数に対し、採算が合わなくなってしまう恐れもあるでしょう。

一方、SEO対策を実施してサイトを上位表示できたとしても、クリック数に応じた費用が都度発生することはありません。そのため、大きな広告費をかけることなく、コストを抑えながら運用することができるのです。

 

SEO対策を実施する前に準備すべきこと

ここでは、SEO対策を実施する前に、あらかじめ準備しておくべきことをご紹介していきます。

 

目標を設定する

SEO対策を実施する前にまず決めるべきことは、SEO対策によってどの程度の成果を得たいのかという具体的な目標です。目標を細かに設定することで、必要な予算やSEO対策の実施内容など、具体的な戦略を立てられるようになります。

SEO対策における目標として設定すべき項目としては、

・月間の売上

・月間セッション数

・コンバージョン数(成果数)

などでしょう。

 

ペルソナを設定する

SEO対策には、アクセス数を増加させる目的以外にも、もうひとつの大きな目的があります。それは明確なペルソナ(顧客像)を設定し、そのペルソナにピンポイントで効率よく情報を届けるということです。

ペルソナを正しく設定しておくことで、自社の商品を必要とするユーザーに対して、正確にアプローチを行なうことができます。

ペルソナは、どのような情報を求めているのかよく吟味し、その内容に沿った対策キーワード決めなどのSEO対策を実施していく必要があります。

 

SEO対策の担当者を決める

自社でSEO対策を実施する際には、SEO対策担当者をあらかじめ決めておくことも必要です。SEO対策はWeb上での集客戦略の要となるため、ある程度SEO対策に時間を割ける人間をアサインすることが望ましいです。

また、SEO対策の結果によって予算の修正やWebページの見直しなど、別部署との連携も欠かせないため、高い専門的知識や幅広い分野への関心、円滑なコミュニケーション能力を持つ人が理想だといえるでしょう。

 

SEO対策の方法

ここでは、基本的なSEO対策方法についてご紹介していきます。

 

<方法①>”1ページ1キーワード”を設定する

SEO対策と聞くと、関連するキーワードをできるだけ盛り込む方が、上位表示されやすくなると考えている人がいます。しかし実際に、効率よく検索上位に表示されるためには、1ページにつき1つのキーワードを設定する、というのがSEO対策のセオリーとなっています。1つのページに1つのキーワードを定めることで、ページのテーマをより際立たせる効果が現れ、検索エンジンの評価が高くなり、上位表示の可能性もアップするのです。

どうしても複数のテーマを1つの記事に折り込まなければいけない場合は、検索キーワードをページごとに分けるなどの対策が有効です。たとえば、「静岡」「ドライブ」「車中泊 」「パワースポット」などのような複数の内容に関連する記事の場合は、テーマを「静岡のパワースポット」に絞ります。そして、たとえば記事の途中で車中泊というキーワードが出現した際は、車中泊をテーマとした別記事へのリンクを貼って誘導するようにしましょう。それにより、主記事のテーマもスリムになるうえ、別記事のアクセス数も伸ばすことができます。

現在のGoogleは、単語のつながりや前後の文脈などからページの内容を理解して評価する傾向が強いため、幅広いキーワードでとりあえず検索上位を狙う、という方法よりも、1記事1キーワードでユーザーを絞った方が、結果的にはアクセス数が伸びる結果につながります。

 

<方法②>コンテンツの信頼性を高める

 

Googleでは、Webサイトを評価するにあたり、「E-A-T」と呼ばれる3つの評価基準を最重要視しています。

E-A-Tとは、

・Expertise(専門性)

・Authoritativeness(権威性)

・Trustworthiness(信頼性)

の3つの頭文字を合わせたものです。

 

このうち、サイトの独自性を確立させるために最も重要なものが「信頼性」です。

コピーや模倣されたコンテンツではないオリジナルの内容で、記事の執筆者が専門家として認知が得られているかどうかが信頼性を獲得するカギとなります。このポイントに対する注意を怠ってしまい、他サイトの記事をコピーしたような文章を自社サイトに掲載した場合、検索結果の評価が低下してしまいます。競合が多い商品をアピールする記事ほど説明や商品に関わる基礎知識が他サイトと酷似した文章になりがちです。しかし、ここをいかに差別化していくかということが、SEO担当者と記事作成者の手腕となります。

 

<方法③>情報の網羅性を高める

情報の網羅性とは、その記事に記載されている情報だけでユーザーが求めている情報をすべてカバーできているか、という評価項目です。これが満たされていない場合、ユーザーはその記事だけでは足りない情報や納得できない部分を補うために、検索で表示された別サイトも閲覧することになります。

Googleでは、特に「ユーザーファースト」を重視しています。必要な情報をなるべく1ページでまとめている記事を高く評価し、複数のページを閲覧しないと必要な情報が集まらないサイトは低く評価します。もちろん、関連記事のリンクを貼ってそちらへ誘導するのは有効な方法です。しかし、1つのテーマに関しては、できるだけそのページだけで完結するような内容を心掛けるべきでしょう。

 

SEO対策を行う上での注意点

SEO対策は、導入してから成果が上がるまでにある程度の時間を要します。そのため、どれだけ完璧なSEO対策を行なったとしても、翌日からGoogleの検索順位が上位に表示されることはありません。そのため、会社によっては早い段階でSEO対策から手を引くケースがありますが、すぐに結果が出るものではない、ということは理解しておく必要があります。

特に、自社サイトにアクセスしてきた顧客層や、デバイスがPCかモバイルなのかといったSEO対策に役立つ分析の種となるデータは、それなりの情報量が蓄積されなければ信頼度が向上しません。SEO対策に本腰を入れて取り組むのであれば、半年から1年間ぐらいの期間は見積もっておくべきでしょう。

 

SEO対策を実施したいけどリソースを確保できない場合は…?

SEO対策を実施したいけど、社内でリソースを確保することが難しいという場合もあるでしょう。ここでは、そんなときにおすすめの「ジャックアンドビーンズ SEO対策支援サービス」をご紹介していきます。

 

ジャックアンドビーンズのSEO対策支援サービス

SEO対策には時間と予算が必要となり、最大限の効果を発揮するためにはSEO対策担当者が必要であることは、ここまでの説明でご理解いただけたかと思います。

反面、多くの企業でSEO対策を担当できるような人材が見当たらないのが現状です。さらに、人材の育成にも時間と費用が掛かります。そして、実際のSEO対策の効果が見えるまでにはさらなる時間が必要となります。

そこで検討していただきたいのが、ジャックアンドビーンズのSEO対策支援サービスです。

ジャックアンドビーンズでは、人材面での社内リソースが足りない場合だけではなく、すでにSEO対策を実施しているが目立った成果がでない、運営方針の見直しを図りたいが適切な方向性が定まらない、などの個々の企業が抱える問題に寄り添った最適なSEO対策を提案したうえで、品質の高いサイトを製作して課題の解決に導きます。また、SEO対策のなかでも難易度が高いとされる、BtoB向けの商品やサービスに造詣の深いライターも多数在籍。豊富な知識を武器に、専門性、網羅性の高いライティングを提供し、オリジナリティー溢れる視点や切り口で記事制作をするので信頼度も高いです。

記事コンテンツ公開後も、検索順位の維持や検索順位のアップを目指した、ジャックアンドビーンズ独自のノウハウを活かしたSEO対策が可能です。なお、記事コンテンツ制作は完全定額制です。そのため、多額の費用をかけず、安定したサイト更新が可能となっています。

 

導入事例

 

営業支援系メディアでの導入事例では、

「営業メール+ツール」
「営業+RPA」
「アポ取り+代行」

などのキーワードで検索第1位の表示を実現しています。

そのほか、営業系のキーワードも多数ランクインしているうえ、毎月数十件以上の問い合わせを獲得し、安定した営業成績に繋げています。

>>詳細はこちら

 

まとめ

今回は、SEO対策の基本的な知識、およびSEO対策のための具体的な記事制作のポイントや、Google検索エンジンの評価基準を高めるのに欠かせない構成要素を説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ジャックアンドビーンズでは、記事制作からメディア構築、運用までをワンストップで代行しており、ジャックアンドビーンズを利用している各企業の顧客拡大に貢献することを常に心掛けていることが特徴です。

既存のSEO対策に行き詰まりを感じている、もしくはSEO対策の手順がなかなか理解できないという方は、ぜひジャックアンドビーンズのサービス導入をご検討ください。

SEO対策カテゴリの最新記事