株式会社ジャックアンドビーンズとは

株式会社ジャックアンドビーンズについて

イギリスの童話『ジャックアンドザビーンズトーク』(ジャックと豆の木)にあるように・堅実さ・優しさ・勇敢さ・挑戦・ユーモアさ を兼ね揃えたミラクルストーリーを目指したいという想いと天まで昇る豆の木のようにお客様の売上向上に寄与したいという想いから株式会社ジャックアンドビーンズは発足いたしました。

-社名の由来-

常識にとらわれない発想

貧しいジャックは母親に頼まれて大切な牝牛を町に売りに行く途中、出会った男の持っている”豆”と牝牛を交換します。この常識にとらわれない意思決定が、後々のハッピーエンドに繋がります。

圧倒的な勇気

豆を持って家に戻ると母親に怒られ、豆を家の外に投げ捨てられてしまいます。しかしその豆はなんと翌日、巨木へと成長します。それをみたジャックは巨人の城へ続くその豆の木を登ります。この勇気ある行動が、彼に幸福をもたらすことになります。

仕組み思考

巨人の城に辿り着いたジャックは、そこで金銀財宝を見つけます。その中から金の卵を産む鶏を奪い、家に戻ります。金銀財宝は使ってしまえばなくなりますが、金の卵を産む仕組み=鶏を持ち帰ることで、継続的に金の卵が手に入るのです。

的確かつ冷静な判断力

地上に戻ったジャックは、巨人が鶏を奪い返しに来るのを防ぐために、豆の木を躊躇なく切り倒します。大手参入による市場を壊す例はたくさんあります。ベンチャーにとって大事なのは、市場ごとに的確な判断(撤退・拡大)を下すことです。